FC2ブログ
福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
 福岡県のお客様のご注文で、竹のハンドバッグを製作致します。

ご夫婦で、一つづつ、ご注文頂きました。お着物の時に使いたいそうです。

この竹で二つ、作ります。


P5100713.jpg








 






 一晩、水に浸けて柔らかくなったところで、竹の表皮のガラス質の部分を削ります。

そうすることで、染色して、漆を塗る際に、とても良い艶になります。

P5140728.jpg


 半分に割ってから、荒割します。

良い編みヒゴを作るには、重要な作業になります。この時に上手く均等に

割っていないと後まで影響がありますので、気の抜けない行程です。

P5140730.jpg



 さらに細かく割っていきます。

P5150732.jpg

 
 
 先日、歌手の、pefume、かしゆかさんが、家に来られました。

かしゆかさんは、手作りの工芸品が好きだそうです。

2時間半と短い時間でしたが、夢のような一時でした。

家内が、かしゆかさんは、天女のようだったと言っていました。

ほんとにそんな感じでした。

おしとやかで、気配りのある素敵な人だなと思いました。

かしゆかさん



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/455-a8fc493b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック