FC2ブログ
福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。

  



 竹の種類は、世界に1250種類、日本には、626種類あるとされています。

中でも真竹は、編組に最も適した竹材です。大分県は、良質の真竹の全国一の産地です。

P1030805.jpg

竹籠作りに使われるのが、この真竹です。

P1030791.jpg



真竹は、養分を根に降ろす11月から12月にかけて、山から伐り出されます。

この時期に伐ると竹の中に養分が少なく虫が付きにくくなります。


P1030802.jpg




伐り出された竹は、熱を加えて油抜きの作業をします。

そして、一か月程、天日干しをして、竹ヒゴ作りをします。

真竹



良い真竹は、節が低く、節と節の間隔が長い竹が細工に適しています。

また、柔らかい竹や固い竹、一本一本、色々なな個性を持っています。

その竹に合った編みに姿を変えて行きます。




DSCF0461.jpg
DSCF0317.jpg
DSCF0182.jpg
竹バッグ桝網代バッグ
DSCF8198.jpg





















スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/451-72ebc544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック