福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
桝網代バッグの編みヒゴを作りました。

竹バッグ桝網代バッグ


 今回作る、竹バッグは、小さいサイズの桝網代バッグです。

色は、黒で、いつもより微妙に大きく作ります。

そして、籠の品質を上げるために、以前から考えていた試みをします。


この桝網代バッグは、竹工房かわせみ、オリジナルの看板商品です。

一点だけですが、竹工房かわせみのネットショップで販売致します。


 

編み始めです。

竹バッグ桝網代バッグ


 まだまだ、底編みの3分の1くらいですが、並みの竹バッグでしたら編み終わる位の編みヒゴの数です。

竹バッグ桝網代バッグ


 家の工房の竹バッグの中でも一番多く編みヒゴを使うのが桝網代バッグです。

それだけに、材料作り、編みにかなりの時間を要して制作しています。



 編みが細かいだけに、編みヒゴ同士が絡み合うような状態を、いつも調整しながら編むので

根気が必要です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/415-212d6aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック