FC2ブログ

煤竹波網代バッグの制作 その8

中岩孝二

焼き鏝で立ち上げた籠を編みつけます。

DSCF8207.jpg




角部分を編みつけました。

DSCF8208.jpg



胴編みをする時は、編んで、よく乾かしてから、編み目を詰めますので、

待ち時間があります。

その間に、煤竹の縁竹を作ります。

今、している工程は、縁竹の角を取る、面取りです。

DSCF8214.jpg


そして、縁竹の厚みを切り出し小刀で削ります。

DSCF8216.jpg
削りクズです。
DSCF8217.jpg
煤竹の縁竹の加工が終わったら、よく乾かしてから、火曲げします。



籠を編み進めています。

DSCF8231.jpg

次回は、縁竹の火曲げをします。







スポンサーサイト
Posted by中岩孝二

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply