福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
面取りが終わったら、編みヒゴの最終仕上げの銑(せん)という道具で

厚みを揃えます。

DSCF8105.jpg



この銑で厚みを揃える作業は、私の編みヒゴ作りの作業の中でも一番得意な作業です。

現在、使っている銑は、今から一年程前だったでしょうか、

東國光さんという刃物作りの名人に特注で打って頂いた銑です。

名人の作った刃物だけに、見るからに違いますが。その切れ味といったら、黙ってうなずくしかないものです。

そして、おどろくのは、信じられない程、長切れすることです。一年程使っていますが、研いだのは僅か

二回だけです。 


DSCF8110.jpg





銑にかけた、編みヒゴです。端と端をつかむと丸くなるのは、厚みが均等になっている証拠です。

そして、良く切れるので腕が疲れません。安定した切れ味で安心感があります。

DSCF8106.jpg



厚みを揃えた煤竹のヒゴです。この後、よく乾かしてから、編みます。

DSCF8109.jpg



このように編みヒゴをずらしながら、置いて編みはじめます。

DSCF8113.jpg



編みヒゴに無理が、かからないように、節の位置をよく考えて編んでいきます。

DSCF8114.jpg



このくらい、編んだら波模様が見えてきましたね。

煤竹、良い色艶ですね。

DSCF8118.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/400-f20a098e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック