福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
煤竹を3種類の竹幅に割り剥ぎしました。

DSCF7904.jpg





幅取り小刀で3種類の竹幅に、揃えます。 事前に、よく水に浸けてから作業します。

煤竹のヒゴ取りで大事なのは、それなりに良い道具を使うことです。

そうでないと、並みの道具では、歯が立ちません。


この竹ヒゴは、大の竹幅です。

DSCF7905.jpg

 中

DSCF7906.jpg

 小

DSCF7908.jpg


幅取り小刀は今回使う前によく研いでおきました。

この幅取り小刀は、東大吉です。家の工房の幅取り小刀の中で一番良い物です。

煤竹は硬質ですので、籠一個分の幅取りの使用で、これだけすり減ります。

黒っぽい線の所が、すり減った所です。 しかし、鋼部分は、最後まで煤竹に食いついて、

素晴らしい切れ味を見せました。

DSCF7911.jpg


 幅取り完了です。

DSCF7912.jpg


幅取りが終わったら、さらに薄く剥いでいきます。

DSCF7925.jpg


煤竹、良い色ですね。

DSCF7916.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/398-14fc6166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック