FC2ブログ

煤竹波網代バッグの制作 その3

中岩孝二

表皮を剥いだ煤竹を3週類の竹幅に割り剥ぎします。

DSCF7880.jpg





竹割り包丁で、煤竹を割っていきます。この時には、普通の竹を割るようなつもりですると

かなり危険です。煤竹は100年位前の竹なので、途中で腐っていたり、傷んでいたり

虫食いがあったりで、油断が出来ません。集中力の勝負です。

特に節の所は、普通の竹のようには、割れてくれません。


竹細工を始めてすぐの頃は、こね割りと言って竹割り包丁を捩りながら割ったりしますが、

煤竹には、こね割りは通用しません。真っ直ぐに割るしかありません。

煤竹は頑固なのでしょうか?

DSCF7881.jpg



荒割りすると節の内側が出っ張ってきます。

DSCF7882.jpg



その節を切り落します。この作業をしないと割る時に割りにくいので、面倒でも丁寧に作業します。

DSCF7883.jpg



この位まで割ってから

DSCF7885.jpg




最初の剥ぎをします。

DSCF7886.jpg



 
そして、さらに細かく割っていきます。

DSCF7888.jpg



スポンサーサイト
Posted by中岩孝二

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply