FC2ブログ
福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
お客様の御依頼で、煤竹波網代バッグを制作することになりました。






 お客様のN様は、以前から竹清先生の煤竹バッグが欲しくて考えていたそうです。

そして、竹清先生の煤竹バッグを買おうと決めて購入しようとしたそうですが、すでに

どのお店でも売り切れていたそうです。

それで、竹清先生の弟子である私に、依頼がありました。

煤竹バッグのサイズは、横32㎝、幅9,5㎝、高さ22㎝と大きめですので、

煤竹の中でも節間(竹の節と節の間)が、かなり長い煤竹でなければ、

このバッグを作ることは出来ません。



それで、家の工房の煤竹の中でも最上の煤竹を使うことにしました。

DSCF7673.jpg

節間は、長く色艶ともに抜群の煤竹です。見ていて惚れ惚れします。

制作は、来週から始めます。制作を段階を追って記事にしていきますので、

ご興味のあるかたは、ぜひご覧ください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/394-3644dea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック