FC2ブログ

竹バッグの修理

中岩孝二

 東京都のお客様より、竹バッグの修理のご依頼がありました。

土佐の虎竹制です。作者は不明です。


DSCF5414.jpg





 この竹バッグの壊れた原因は、このように竹の持ち手が何らかの事で、

両側に拡がったために、持ち手の繋ぎ目の籐巻きを切ってしまったようです。

DSCF5417.jpg
DSCF5416.jpg



 まずは、拡がってしまった竹の持ち手を火曲げし直して、本来の位置に戻しました。

そして、切れた籐を取り除きました。

DSCF5420.jpg



 そして、新しく染色した籐を巻きます。

DSCF5446.jpg



 持ち手の方も巻き直しました。

DSCF5447.jpg



 修理完了です。また竹バッグとして、活躍してくれると思うと、嬉しくなりました。

DSCF5458.jpg

 修理参考価格 7,000円

スポンサーサイト
Posted by中岩孝二

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply