福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
今日は、道具の話をします。

編み台で、煤竹のバッグを底編みしています。

DSCF5582.jpg


 この編み台は、宮崎産のケヤキの一枚板で作ってあり、釘は使わずに組んでいます。

おいらが20歳の時に、ある宮大工の棟梁に、お願いして作って頂きました。

拭き漆仕上げをしています。

このケヤキの板は、あるお寺の床の間に使われるはずでしたが、おいらのために特別に

編み台にしてくださりました。

DSCF5610.jpg


 この編み台は、おいらの体に合わせて作られています。

横幅は80cmあり、とても使いやすく、丈夫に作ってあります。

おいらと共に、竹籠を編んできた大事な道具の一つです。  

DSCF5604.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/354-1220aa5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック