福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
底編みを始めます。六つ目編みで編みます。

DSCF5461.jpg




 御座敷で底編みをしています。二階の工房で編んでしまうと

籠を外に出せなくなるからです。

DSCF5462.jpg


 
 底編み完了です。御座敷の障子紙を編みヒゴで破ってしまいました。

DSCF5482.jpg



 三本の太い竹を取り付けて籠を立ち上げます。

DSCF5483.jpg



 ここまで編んだら、玄関に籠を移動します。

これ以上編むと廊下を通れなくなります。

DSCF5485.jpg



 玄関で編んでいます。この場所だけが籠を外に出せる場所です。

籠を編んでいるというよりも、巨大なタコと闘っているみたいです。

DSCF5498.jpg



 編み終わりました。

DSCF5504.jpg



 縁を取り付けるための折り止めをしました。

DSCF5509.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/349-c373306a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック