FC2ブログ
福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
愛知県のお客様より、文庫の修理の依頼がありました。

DSCF5334.jpg
 





お客様のご説明ですと、この文庫は、かなり古い物だそうです。

長年のご使用でかなり傷んでいます。

DSCF5338.jpg
DSCF5339.jpg
DSCF5340.jpg


 かなり広範囲にわたって破れています。

写真以外にもその他、傷んでいる個所が多数あります。

DSCF5342.jpg


 この籠を縫うための竹ヒゴを作り、染色しました。

まず一本目の縫い始めです

DSCF5345.jpg

 
 この籠を作った職人さんの腕が良いため、編みヒゴを通すのは大変です。

一流の職人が作った籠を縫うのは難しいです。ガッチリ編み込まれていて

容易には編みヒゴが通りません。かなり苦戦しています。

DSCF5346.jpg

 
 
 これは難しいです。頭から煙でも出てきそうです。

DSCF5351.jpg


 縫い終わりました。

DSCF5359.jpg



 次に、蓋の四隅を修理します。


DSCF5353.jpg

 こんな感じになりました。

DSCF5357.jpg


 蓋、底、縫い終わりました。中に入る内籠、その他の破れや、

切れてしまった籐巻きなど十数か所、修理しました。

DSCF5358.jpg

 
 縫い終わった籠に特殊な塗装をしてから、漆を塗ります。

DSCF5359.jpg


 一回目の塗装です。

DSCF5372.jpg


 蓋の方にも同様に塗りました。

色もだいぶ、元の籠の色に近づきました。

DSCF5375.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/346-34b03e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック