福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
 新潟県のお客様より、茶櫃の修理の依頼がありました。

DSCF5190.jpg




 蓋を開けると底籠の縁が内外、共に折れてしまっています。

蓋を開けるときに引っ掛かって上手く蓋が開かない状態です。

DSCF5191.jpg


 
 籐巻きは、キレイな状態で再利用出来ると思っていたのですが、

籠全体に塗装されており、固められていたため、巻き籐は再利用出来ませんでした。

仕方なく切り取りました。

DSCF5197.jpg


 一旦、縁を籠本体から取り外しました。

DSCF5200.jpg


 縁竹を新たに作ります。

DSCF5199.jpg
DSCF5201.jpg


 新しく作った縁竹を取り付けました。

DSCF5203.jpg


 そして、籐巻きをします。

DSCF5204.jpg


 見た事のない巻きかたです。見よう見まねで巻きました。

DSCF5205.jpg


 籐巻き完了です。

DSCF5207.jpg


 そして、新しい縁と籐に塗装しました。

DSCF5209.jpg


 修理完了です。良い籠ですね。

DSCF5210.jpg

 修理参考価格 4,000円
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/340-481cc8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック