福岡県立水産高校を卒業後、18歳の時から大分県別府市で竹職人を志し、今年で22年目になりました。初代、太田龍々斎、初代、渡辺竹清、二代目、渡辺竹清、三代に亘る145年の歴史、 技術を受け継いで、翡翠のような美しい籠を目指して、日々、精進、努力しています。  お客様からのオーダーメイドの竹バッグや竹籠の製作も承っています。 お気軽にお問い合わせくださいませ。
 神奈川県のお客様よりカゴバッグの修理の依頼がありました。

DSCF2471.jpg





 このカゴは、おそらく柳生細工?ではないかと思います。

お客様がお母様に、もらった大事な思い出の品だそうです。



 このように、持ち手をつないでいる革部分が傷んで、ちぎれています。

DSCF2476.jpg


 おいらは、革部分の修理は素人なので、お客様と相談して、

革部分を籐に変えることの了承を得て、改作することにしました。

大きめの籐を平らに削り出します。

DSCF2477.jpg


 こんな感じに削りました。

DSCF2481.jpg

 そして、曲げました。

DSCF2484.jpg

 
 革部分の金具のカシメを取り外しました。

DSCF2480.jpg

 
 曲げた籐のジョイント部分を塗装しました。

DSCF2496.jpg


 持ち手を取り付けて、籐巻きです。

DSCF2504.jpg

 籐巻きして、再度塗装しました。

DSCF2511.jpg


 修理完了です。良い感じにカゴに馴染んだと思います。

DSCF2505.jpg

 修理参考価格 6,000円
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takekuwagata.blog33.fc2.com/tb.php/339-64caef01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック